詳細検索

  • 価格
    ~
  • 在庫
    • 価格
      ~
    • 在庫
    •  
 
フカヒレ姿煮込
フカヒレ姿煮込

※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。

フカヒレ姿煮込

販売価格
10,800

旨みのスープとコラーゲンを纏った
『一之船入』名物、フカヒレ姿煮

京都の中華料理店『創作中華 一之船入』のオーナーシェフ・魏 禧之(ぎ よしゆき)さんは、横浜中華街で料理店を営む父の下に生まれ、18歳から本格的な料理修業をスタート。20歳の時、上海料理の名人と出会います。師と仰いだその料理人から伝授された煮込みの技術が、この「フカヒレ姿煮」にも活かされています。「無味なフカヒレは丁寧に戻して煮込むことで、しっかりと白湯醤油スープの味が入ります」と魏さん。選りすぐりの高級食材を惜しげもなく使う白湯スープもたっぷり真空でパッキング。湯煎するだけで、奥深い味わいと上質なコラーゲンをたっぷりと味わえる贅沢な一品です。

提供先:創作中華 一之船入

編集者おすすめポイント

特製スープもたっぷり入っているので、茹でた青菜などを添えて。好みで黒酢か赤酢を少し垂らしても美味です。

カートに追加

[商品コード]
AT0059
[お届け日]
[在庫]
○(在庫あり)
[賞味期間]
発送から冷凍で30日
[内容量]
フカヒレ姿煮込 2枚
[パッケージサイズ]
幅25×奥行18×高さ16.3cm
[配送温度帯]
冷凍
[特定原材料7品目]
小麦

のし対応可

[関連するカテゴリーはこちら]

美味しい理由~Side Story~

中華“煮込みの魏”の技が冴える、他の追随を許さぬ自信作

フカヒレ姿煮込
中国料理のなかでも屈指の高級食材であるフカヒレ。『一之船入』の看板メニューでもある姿煮には、主に宮城・気仙沼産の肉厚フカヒレを使っています。「尾翅(ウェイチー)」と呼ばれる、ヒレ本来の形を残す尾びれは大きいものほど高級。魏さんはそれを2週間近くかけてじっくり戻します。「全部は教えられないけど、水を何度も変えたり、特有の匂いを失くすために茹でたり蒸したりを繰り返します。これは、フカヒレにしっかり味を含ませるための準備。大事な工程です」。
フカヒレ姿煮込
自慢の白湯スープには、アヒル、ヒナドリ、鶏ガラ、鶏モミジ、金華ハム、豚足前脚、昆布を使います。これらを大鍋に入れ、60リットルの水分量が5リットル程度になるまで約8時間、強火で炊き続けて煮詰めます。完成したスープはコラーゲンたっぷり、トロトロ&プルプルな旨みの塊。そこに醤油などの調味料を加え、戻しておいたフカヒレを煮込みます。濃い琥珀色のスープは、深い旨みがありながらも余韻は軽やか。数ある中華技法の中でも最高峰に位置付けられる“煮込み”の技術が最大限に活かされています。「ある京都の和食界の大先輩に“世界一旨い”、“煮込みの魏やな”と褒められました」。そんな魏さん自慢の一品をご家庭でぜひご賞味ください。

合わせて注文すると送料がお得に!

お届け先が1ヶ所なら、1個分の送料でお届けできる同一生産者の商品はこちら

最近チェックした商品